Playful Life

生きる技術

本当の価値とは

世の中の多くの人は、実際に効果があるかどうかはさておき、

気分を上げる、ことにたくさんお金を使っています。

 

例えば、宝くじは“億万長者になれるかもという夢”を売っています。

ググれば公開されているとおり、

売上半分は公共事業に回されたり、運営費として取られていて、

当選金として分配されてるのは半分以下です。

 

しかし、多くの人が、夢があるということで気分が上がり、

終いには過去当選実績のある売り場の行列に数時間並び、

買った瞬間に価値が半分以下になるものを買い求めているのです。

でもいいんです、気分が上がる、のですから。

 

それを自称“分かっている人”が情弱だと馬鹿にしますが、

はたしてそうでしょうか。

 

ブランド品の大半は広告費です。

広告で認知度とイメージを上げ、購入した人の”気分”を上げることに多くのお金がかかっているのです。

しかし、ブランドが持つ人を幸せにしているという点で価値がある、

ということは疑いようのない事実でしょう。

 

自己啓発マーケットのように、

実際に効果がありそうに見えてじつは気分を上げるだけ、

のマーケットだというものもあります。

金持ちになるセミナーに行って実際金持ちになれるのなら、

世界中のみんな金持ちです。

しかし実際は、セミナーに行くことで、金持ちになる方法を頭で学んで、

金持ちになれそうな気分になって気持ちよくなっている、

というのが良いとこではないでしょうか。

いいんです、気分が上がる、のですから。

 

コスパという言葉がありますが、

これは 効果/コスト で計算されます。

そして、その効果というのは、現実的な効果だけでなく、

気分的な部分というのが多く含まれています。

 

モテる男は、実際の価値以上に、気分を高揚させる何かをプラスして、

異性からの価値評価を釣り上げることに長けています。

雰囲気イケメンなんてその通り。

 

気分の高揚だけをあおる広告、健康になった気になるサプリメント

美人になった気になる写真加工アプリ、

これらも無価値ではないのです。

高級レストランでビール1杯1500円でもいいんです。

世の中は気分が上がることを求めているのですから。

 

そして気分だけがどんどん膨れ上がり、

現実的な価値が生まれていないことに気づき、

夢から覚めたように人々がさっと引いていくタイミングが周期的にきます。

 

バブルの崩壊です

 

ここで大コケしないようにするには、

気分価値と実質価値を俯瞰的に見る目をつけておくことでしょう。

 

気分を上げる、こと自体は重要だと思います。

なぜなら人生は気分次第で決まるのですから

レイヤー

世の中には目には見えないレイヤーのようなものがあり、

それがミルフィーユのように何層にも重なっています。

みんな自分のレイヤーの中で生きていて、

他のレイヤーで起こっている物事はあまり関心を寄せません。

 

例えば、年収を競い合う人は、そのレイヤーの中で競い合っており、

他のレイヤーの人から見ると、

子供同士がお菓子の奪い合いで喧嘩しているのと同じように、どうでもよいのです。

専業主婦とキャリア志向女子の意見の相違がいつまでたってもかみ合わず平行なのは、

そもそも生きるレイヤーが違うのです。

 

通常、人はいくつかのレイヤーをもっていて、

切り替えながら生きています。

しかし、ゲームソフトを入れ替えるようにスイッチ一つですぐに切り替えられわけではなく、幾つものレイヤーが複雑に絡み合うから時に困難です。

 

しかし、レイヤーを沢山持つということは、とても重要なことだと思います。

レイヤーの数だけ、価値観の違いを理解できるのです。

 

一つのレイヤーで行き詰った時、違うレイヤーから物事を見ることで、

時には解決策が出来ます。

 

では、新しいレイヤーを得るためにはどうすればいいか。

つきあう人を変える、すむ場所を変える、時間配分を変える。

これに尽きるのではないでしょうか。

一点突破のためのスルー力

昔に比べて丸くなったと言われる。

太ったわけではない。性格のほう。

そらそう。人は変わる。

 

丸くなるとは、どういうことか。

人からみたら、大人しくなったもしれない。

しかし、諦めることが増えるのとは違う。

日々の生活の中で、

いちいち引っかからずにスムースに出来ることが増えたイメージだ。

 

かつて童貞の亀頭のように繊細な神経は、

すれ違うものすべてに反応して勃起し、時には怒りをまき散らして歩き、

世界を勝手に敵ばかりにしていた。

仮想敵を作り出して、戦うことにすべてのエネルギーを注ぐ。

有り余るエネルギーで朝までナンパして手に入ったものは、

朝起きたときのブスの寝顔と虚無感。

そんなふうにしてエネルギーを放出しても、手元に何も残らない。

 

しかし、時と経験とともに、

そういう無駄なエネルギーを意味あるものに集中して注げるようになった気がする。

精神的なものを含めてリターンの期待値の高いものだけを選んで、

あとはスルー。

自分でやらなくとも、目的が達成されればそれでよい。

沸き起こる自我もスルー。

 

一点集中で爪を鋭く研ぐことにエネルギーを集中、

後は丸くして省エネ。

 

このスルー力の向上が人を丸くするのかもしれない。

もっと鋭く尖るために丸くなるのだ。

エネルギー

既に多くの人が、論理的に理解できていないが、直感的に理解しているであろうエネルギーのレイヤーがある。

エネルギーは自分の中を巡り、発せられ、また何かを媒体に吸収される。

空気中に漂うエネルギー。

空間によって周波数が違い、それが空間の色を生む。

音楽もエネルギーを届ける媒体だ。

人々は何を求めてライブに行くのだろうか。

言葉では正確に表現できないが、ある種の情報だ。

演者が音楽に乗せて発する情報を得て、聞き手にエネルギーが充てんされる。

アートはエネルギーの媒体だ。

体の中をめぐるエネルギー。何かが原因で上手く廻らなくなると不調として現れる。

鬱もエネルギーの循環の問題だ。

呼吸のようにすべてのものが吸収と放出を繰り返し、そのバランスで世界は成り立っている。

お金もモノも、このエネルギーの一部を具現化したものに過ぎない。

この世界中をめぐるエネルギーを感じることが出来れば、

自ずと居心地のいい場所に自分を導くことが出来る。

 

スモール・トライ&エラー

成長のためには実験と失敗は必要なことは疑いようのない事実である。

特に、変化の激しい現代では、人は素早い成長と適応が求められる。

いつの時代も適者生存である。

 

ビジネスの世界でも同じだ。

現在、世界をリードしているのは、Google, Facebook,Amazon,Appleなどのソフトウェアがメインの会社ばかりだ。

短いサイクルで製品を開発し、顧客のフィードバックを得てすぐに修正が可能だ。

PDCAサイクルを早く多く回せるのだ。

日本企業は、長年続いたソフトウェア開発を下請会社に丸投げする産業構造から、競争力のあるソフトウェア産業を育てられず、ハードウェアがメインの自動車メーカーや電機メーカーは数年サイクルの開発構造から抜け出せず、存在感をみるみる失っている。

そんななか中国の深圳のメーカーなどは同じ地域で部品の調達から設計、製造まですべて行い、HWの開発サイクルを劇的に短くして、世界の変化のスピードに対応している。

トライ&エラーのサイクルを見るだけで、今後どこが成長するのかは一目瞭然だ。

 

しかしそんな社会背景はさておき、

個人としての成長のために、試行回数を増やすべきだと考えている。

だが、誰しもエラーは避けたいものだ。

頭で考えていると、”やらない理由"は無限に出てくる。

そのやらない理由を作っている間に、時間は過ぎていき、

そうこうしているうちに、背筋は曲がり、ちんこは立たなくなる。

"やらない理由"を作り出した背景すらも変わっている。

 

まずは考える前にやることだ。

今日できることの中で、一番大きくて、ワクワクすることを。

成功するかどうかはどうでもいい、失敗しても経験値は残る。

大事なのは、経験値がたまるトライをすることだ。

楽しい余生の過ごし方

今後、人々はどんどん暇な時間が増える。

これは疑いようのない事実だ。

 

AIや自動運転はここ10年で生活に浸透する。

スマホが普及したこの10年、いや、それ以上のスピードでこれらの技術は生活を変えていく。

これまで人間がやっていた作業、車の運転などは全て自動化され、効率も良くなる。

移動時間がまるまる暇な時間になるのだ。

人々が人生を費やしていた労働から一部解放されて、暇な時間、自由な時間が増える。

 

今は実感のない人も、10年後振り返ると、実感できるだろう。

10年前にまだほとんどの人がスマホを持っていなかったのに、

今ではスマホなしの生活なんて考えられないのと同じように。

 

つまり、10年後、楽しい生活を送るには、

余暇に何をするか、暇な時間をいかに楽しむか、が重要になる。

ダニエルピンクが10年以上前に提唱した世界が20年後にやってくるのだ。

 

 

そして、その余暇の過ごし方が、

またテクノロジーのおかげで、変わっていく。

旅行の風景をYoutubeにUpすれば、それを見て楽しむ人がいる。

消費と同時に供給を行っていることになる。

趣味の手芸品を売る、音楽を作って公開する、本を出す、

これらのハードルがどんどん下がっていく。

誰もが、消費者且つ提供者として過ごせるようになるのだ。

好きなことをして、それをシェアして暮らせる、ようになる。

 

変化は日々の生活の中でなかなか気づかないスピードで、

しかし着実に訪れる。

それに気づいた奴から始める。

少し先を生きたいのであれば、すぐに好きなことを始めよう。

最短距離

生活のために「やらなければならない」ことは沢山ある。

朝の準備、仕事、掃除、洗濯、日々の支払いなどの雑務。

それらを潤滑に進めるために、さらに「やらなければならない」ことが増える。

そして生活の殆どが生活のための行動で満たされる本末転倒。

これは思い込みが産んでいるのではないか。

 

例えばお金。

お金を稼ぐため、例えば労働をしてお金というリターンを得る。

実はお金は媒介物であり、目的ではない。

目的はその先にあって、お金と交換に得られるものこそが目的。

ワクワク、便利さ、快適さ、自由な時間。

お金という媒体を使わずにそれが得られるならソッチのほうが早いのに、

まずはお金が必要だと思い込み、

お金を得るために「やらなければならない」ことを自分で増やす。

いつの間にかお金という媒介物を得ることが目的にすりかわり、

その先の本当の目的を忘れて、それを考える時間さえもなくなっている。

長年の準備期間、仲間なども同じだ。

すぐに走り出せば、その中で本当に必要なものがわかってくるはず。

 

この瞬間に一番ワクワクする目的に向かう。

本当にそれにお金が必要だろうか。準備期間が必要だろうか。仲間が必要だろうか。

一度「やらなければならない」ことを忘れて、立ち止まって考えてほしい。

そのような媒介物を介さずに、今すぐ、最短距離でやれることのほうが多いはずだ。

 

「やらなければならない」という思い込みを捨てること、

これが「やりたい」ことをやるために大切なことだと感じている。