読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Playful Life

遊ぶためのライフスタイル、仕事から下ネタまで

この1か月程度、久しぶりにナンパして思うこと

ここ1か月は、久しぶりにナンパをする機会が多かった。

後輩にレクチャーするため、意識的に機会を増やしたのがきっかけだった。

 

六本木、渋谷、銀座コリドーのストリート、バー、クラブを中心に

久しぶりにナンパをした。

基本的にはソロ、たまに誰かと一緒に行った。

沢山の女の子と話し、番号を聞いて、後日ご飯にも行った。

即日お持ち帰りもあった。

 

しかし、数年前にナンパに情熱を燃やしていた頃の楽しさはなかった。

 

理由の一つは

ナンパスポットにいる男女のクラスタと自分が合わなくなっていることだ。

バーやクラブでナンパをする場合、

ナンパをされることを目的で来ている女子がほとんどだ。

それらの女子のレベルはおしなべて60点程度だ。

ナンパスポットでは、よほどのブスでない限り、

女子は次から次へとナンパされ、恋愛市場価値に対する自尊心を高められる。

そして、そこにいる男は60点程度の女とセックスをすることが主目的だ。

そのために、女子に声をかけ、番号を聞き、時には後日ご飯に行き、

対して興味のない話しを延々と聞く。

 

以前は、そんなプロセスを楽しめていた。

他人だった女性と仲良くなり、数時間後にベッドインしている興奮。

そしてそれを実現するための会話や振る舞い、知識を得る。

そのプロセス自体がスリリングで、刺激的だったのだ。

今はその男女の集団そのものを俯瞰してみてしまう。

そのプロセスを繰り返したところで、今更得るものが少ないことを知っている。

 

お金、セックス、これらは魅力的で、

自分を動かす大きなエネルギーになることは事実だ。

しかし、そこに至るプロセスを楽しめて、成長できるか、

これが本当に大切な事だ。

 

改めて、次のPhaseに進む必要性を確認できた。

プロセスを楽しむこと

効率化を徹底していると、何かを失ったような感覚になることがあります。

それはプロセスを楽しむ、ということです。

 

効率化をしながら、かつ、プロセスを楽しむ。

この一見トレードオフに見える二つを両立することが

人生をより楽しむ秘訣のように思えます。

 

仕事でも、無駄を省けば省くほど、かける時間が短くなります。

これまで苦労して出していた成果が、

以前より簡単に出るようになりますが、

結果に対する喜びはどんどん減っているような気がします。

 

恋愛やナンパにおいても、

目的をセックスすることと決めて、達成すること喜びを感じていましたが、

慣れてきて効率がよく上手くいくようになると

初めのような感動や喜びはすり減っていきます。

 

これは本末転倒です。

そもそも、効率化は目的ではなくただの方法。

効率化して生まれた時間で人生を楽しむことが本当の目的のはずです。

つまり、プロセスも結果も含めて楽しめないと、

いくら効率化しても意味がないのです。

 

なぜ効率化に集中すると、プロセスを楽しむことを忘れがちなのか。

それは、効率化を考えるとき、どうしても未来の結果にフォーカスしがちだからだとおもいます。

プロセスを楽しむとは、この瞬間を楽しむこと。

未来の結果ばかりにフォーカスして、

今に集中できなければ、今を楽しむことはできません。

 

では、今に集中するためにはどうすべきか。

一つは自然に夢中になれるほど好きなことをすること。

それがあるかないかは個人によるところが大きいと思います。

 

他に一般的な再現性のある方法はないものかと考えていましたが、

ヨガによるトレーニングがそれにあたると考えています。

 

最近、この本を読んで、簡単なヨガを始めました。

 

ヨガでは呼吸を大事にします。

呼吸に集中することは今に集中することに通じます。

ヨガによって、今に集中するスキルが身に着くのです。

 

これが、今に集中し、プロセスを楽しめるようになる、

効率化の次のPhaseに進むためのスキルだと考えています。

 

ロケットスタート時間術のすすめ

中島聡の「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」は、

僕の中で今まで実践してきていたが、形式だてて理解できていなかったやり方を明確にしてくれました。

 

本書では、仕事ができない人は得てして締め切り間近になって焦りだす、

「ラストスパート志向」であると説明しています。

そして、仕事を早く終え成果を上げるために、

・締め切りを必ず守る

ロケットスタートで最初の2割の時間で8割まで仕事を終える

・残りの8割で完成度を上げる、余裕を残しておく

と具体的な方法を説いています。

 

「時間を制するものは人生を制する」

まさにそう思います。

 

時間節約術は時間を作り出すタイムマシン。

全てのビジネスマンにとって役に立つ知識だと思います。

スマートキーQrioの導入でまた手ぶらに近づいた

普段の持ち物でどうしても削減できず悩みだったのが、鍵でしたが、

スマートキーQrioを使うことで、ついに手放すことができました。

ドアノブに取り付け、スマホのアプリからBTで操作して鍵を開け閉めすることで、

スマホが鍵の代わりになります。

開けてしばらくすると閉まるオートロック機能や、

帰った時に自動で開錠する機能などもあり、スマホ操作も省略できます。

 

反応するまでの時間が少し遅く、今後のUpdateで改善希望の点ですが、

まあ、及第点です。

 

問題はマンションなどの玄関にオートロックがある場合、

これを開けるのに鍵が必要になることです。

ICチップ式のものだと、鍵の取っ手部分をドライバーで開けると、

小さなICチップが入っているので、それを取り出し、マネークリップに入れています。

これで鍵を完全に手放すことが出来ました。

 

残りはスマホとマネークリップだけ。

持ち物が少なくなればなるほど、

どんどんフットワークが軽くなることを実感しています。

ライフスタイルを変えるイヤホン ”Earin” かなりイイ!

久しぶりに持ちモノがUpdateされました。

普段、スマホ、カギ、マネークリップのみの手ぶらが基本で、音楽を聞きたいときは、サイズ画小さく、音のバランスのとれたクリプシュのX10を持っていました。

しかし、サイズをもっとコンパクトにして、ケーブルの取り回しを改善したく、

Earinを狙ってました。

ずっと在庫切れで入手できていなかったのですが、

たまたま電気量販店で在庫を見たので購入。

今後スタンダードになるであろう、完全にワイヤレス型のBTイヤホンです。

デザインの美しさ、機能を音楽再生だけに割り切った思想もすばらしい。

イヤホンをつけている感覚がほとんどゼロになるので、

普段の何気ない景色に音楽がついたような錯覚を覚えます。

 

ネット上のレビューでは、音質や接続性に難色を示しているものもありましたが、

音質はフラットで、今まで使っていたX10にはクリアさで劣るものの、

普段づかいには問題なし。

接続とぎれも、1時間に一度、一瞬途切れる程度で、大して気になりません。

 

Earinでないと実現できないライフスタイル、を提案した

素晴らしい商品です、マジでおすすめ。

ナンパのレクチャー

久しくナンパとかしてないんですが、

後輩からナンパしてみたいんで教えてくださいと言われたので、

今度、久しぶりに一緒にナンパに行くことにします。

 

と言っても、教えることなんてないんですが、

せっかくオファーしてくれたのだから、

きっかけくらい与えてあげられればと思います。

 

やり方よりも大事なのは心構えなんですよね。

最初は声かけるの、すごく勇気いると思います。

それはフラれるのが怖いから。

進化生物学とかの本を読んでいくと分かりますが、

これは人間に植えつけられた本能なんですよね。

 

しかし、ナンパはフラれる、無視されることがデフォルトです。

いくらイケメンでも、8-9割は無視されるでしょう。

これを統計的に理解していれば、理性で恐怖に打ち勝つことができます。

あとは成功するまで繰り返すだけ。

本当にこれだけなんです。

 

巷にあふれる、ナンパテクニックなど1トライあたりの成功率を上げる具体的な作戦はたくさんありますが、数を打つことに勝る戦略はありません。

 

一個大事なことを付け加えると、

ゴールまでの道筋を明確にイメージして準備しておくことですね。 

 

それらの点を実践しながら教えてみようと思います。

潜在意識の罠にはまるな

新しいことを始めても続かないことがありますが、

それは潜在意識を上手く利用できていないからです。

 

潜在意識とは

自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識、

のことです。

 

たとえば、ダイエットをしようと頭では決意しても、

潜在意識は、今の体重をキープしようとします。

結果として、運動や食事制限を諦めてしまう。

 

ダイエットに関わらず、お金持ちになりたい、モテるようになりたい、

という意思とは裏腹に、

潜在意識は"今をキープしようとする"のです。

潜在意識にとっては、太っていても痩せていても、

お金持ちでも貧乏でも、優劣はありません。

ただただ、今をキープしようとする。

普段やらないことをやるとソワソワするのは、潜在意識が慣れていないからです。

 

新しいことを初めて自分を変えるには、

潜在意識まで変える必要があるのです。

 

潜在意識に影響を与えるのは"行動"です。

たとえば、ダイエットのために、ランニングを始めたとします。

3日連続で続けると、とてもしんどくてもうやめたくなるでしょう。

 

ここが、続けるためのポイントです。

今、意識(ランニングをして痩せたい)と潜在意識(ランニングをやめて太ったままでいたい)が綱引きをしている状態です。

だから精神的にも苦しいのです。

 

ここを意識して我慢することで、潜在意識が少しづつ、ランニングしている自分をキープしたい

という方に動いていきます。

そして、潜在意識が完全にランニングをして痩せる自分、になれると、

今度はランニングを止めてしまう方が気持ち悪くなるのです。

 

つまり、習慣を変えると潜在意識の抵抗にあいますが、

行動を続けることによって、潜在意識ことを変えることができるのです。

 

潜在意識の抵抗にあっている苦しい時期を

いかに意識して続けるか、がポイントになります。

始めたばかりの頃が一番しんどく、

慣れれば楽になることを意識できれば続けることができるはず!